魚群探知機を考える
魚群探知機のバッテリーを考える。
2017.10.15 (10.21追記)
うまくいかなかった話も詳しく書いておくのがポリシー(笑).

こちらもご参照 魚群探知機を考える



魚群探知機のバッテリーは、電源を防水ケースに入れて運用しています。
最初に使っていた中国製12vバッテリーは水没。
その後、単三電池8本で運用していた。
そのときに12vバッテリーをいただいてフル活用していたのですが、
だんだん、ふくらんできたのと、端子が錆びて通電不良になったので、廃棄することになった。


で、次を検討。考えられるのは以下
羅列しますが、すべて自己責任になります。
リチウムイオンは燃える危険がありますので、お気をつけて。。。

案1)防水の鉛のバッテリー
・・・安価でいいのですが、ファルトには重くて収納場所がないので×。

案2)電動リールに使われるような防水のリチウムイオンバッテリー
・・・2〜3万円以上コース。横転水没紛失が見え隠れするカヤックで、
そこまで高価なのは躊躇。

案3)単三チリウムイオン電池乾電池運用
・・今までと同じ。安価ではあります。
けっこうバッテリーを8本充電するのは面倒。

案4)中国製12vバッテリー
・・・なかなか売っていない。今まで使っていたのは、
端子の錆が浮いてきてダメになっている、膨らんでいるという、品質に難あり。

案5)ジャンプスターターを使う
自動車のバッテリー上がり救出用のバッテリー、
ジャンプスターターは、12Vが出力できるらしい。
ただ、「低電流保護」が入っている製品はカットオフされてしまう、とかの記事があり、
イマイチ、魚群探知機には使えないような気がする。

案5)USBバッテリーを昇圧回路で昇圧する
いろいろ調べて、あたった。
世の中にはUSBの5V出力を12Vに昇圧する回路が売っているらしい。
これで、動いた方もいるようだ。

ちょっと電子工作を、やってみようかという気になった。

さて、ネットで探して、
昇圧コンバータDC 3-34V?4-35V 5V / 12V昇圧型レギュレータ
というのを買ってみた。

回路がむき出しなので、まずはケースに着手。

100円ショップで、適当な大きさのを漁る。なかなかないもんですねえ。

ちょうど、プラのペンケースの消しゴムを入れるスペースがぴったりだった。
 
ペンケースの端を切り落とし、寸法がぎりぎり入らない寸法だったので、あっちを削り、こっちを削り、
なんとか入った。ここまで3時間くらいかな。

 
あつらえたように、ぴったり。


このタイプは、ねじを回すと出力電圧が替えられる。
電力表示が点灯しっ放しだとバッテリーを食うな、と思ったのですが、
ボタンの長押しで消灯。電源オフしてからオンしても消灯状態は維持。
ここまでは、よかった。


しかし、いざスマホ用のモバイルバッテリーとこれをつないで、
魚群探知機をつないで、スイッチを入れると、切れる。
魚群探知機が、動かない。これは、困った。

見ていると、昇圧回路が先に切れて、それに対応してモバイルバッテリーが切れているようだ。
たぶん、昇圧回路でなにかの保護回路が働いたか、電圧が足りないか。


モバイルバッテリーは、1A出力と2A出力の口があるが、
2Aのほうを刺しても同じ症状だった。


画面中央の10000mAhの大容量のものは、電源が入らない。
画面右の2400mAhのモバイルバッテリーは、
なぜか、電源は入るのですが、1分ほどでダウン。その後は充電するまでうんともすんともいわなくなるという。

ちなみに、コンセントからUSB出力して昇圧回路に入れると電源は入りました。
やっぱり、電流が足りないか、昇圧回路は大電流に対応していないか。
入力電流:3A(MAX) 出力電流:2.5A(MAX) と、書いてあるので、
モバイルバッテリー2Aより、昇圧回路のほうが高いはずなんですが。

では、と、電流を図ろうとしたら、アキバで買った安物テスターだと、測れない。
よく見たら、ヒューズが飛んでいた。多分前から飛んでいたと思う。
どちらにしても、このテスターでは0.25Aのヒューズを使っているので、あまり測れないような気がする。



というわけで、、しばらくは、確実性のある単三乾電池運用に戻ることにしようかと。
いままで8本運用で、10Vしか出ていなかったのですが、
LOWRANCE Elite4xは13Vまで許容するので、10本運用を検討中。


-----ここから追記 10/16ーーー

モバイルバッテリーの出力は
5V × 1Aもしくは2A = 5Wもしくは10W

10Wを、12Vに昇圧したら0.83A(変換効率100%))

魚群探知機 LOWRANCE Elite4x の必要電流は1.1A
Power Requirement 12V × Current drain Typical 1.1A =13.2W

要は、必要電流が不足していたということですね。
この、簡単な計算が分かっていませんでした。

ちなみに、突入電流でもっと電流が必要な時があるようなので、
数字ギリギリではダメなようです。


モバイルバッテリーを魚群探知機に使うのは、
アンペアが足りないので難しい、というのが結論です。
次は、ラジコン用のバッテリーですかね。



-----ここから追記 10/21ーーー

電流が低いのならと一計を案じて、USB出力を二つ並列に並べることを考える。

 
古いUSBケーブルを切って、4本あるケーブルの電源出力がどれか探す。
これは、赤(+)と黒(−)でした。
で、電流の逆流を防ぐために整流用ダイオードを入れる。
買ってきたのは、1N5400G 逆電流50V 順電流3A 最大サージ電流200A 50円 を ふたつ。


手書きの配線図を写真に入れておきます。
見事、モバイルバッテリー2つで成功。
モバイルバッテリーに2口あったのですが、その2口では作動しなかった。
2口が別々に電圧コントロールできるものでないといけない模様。
テストするのにはバッテリーを買わないといけないかなと。


それはそれとして、
単三乾電池10本入るバッテリーケースを買ってきて、
アマゾンのバッテリー10本で動作テストをしてみた。

朝の8時半開始12.5V 夜の8時で9.3Vまで低下して終了。
まあ、単三乾電池で 11時間半 持つのなら問題はないですね。


とりあえず、単三乾電池10本で運用します。
どっかで2口稼働するモバイルバッテリーを買ったら、また何か考えるかもしれません。
ーーーーーーーーーーーーーー

コメントはこちらへ


ホーム